日本橋からのお知らせ


日本橋の始まり

  

東京大学史料編纂所教授の山本博文先生の講演を聴きました。
「*日本橋は、家康が最初に掘った道三堀を延長して開削した日本橋川に橋をか 
  けてことに始まる。おそらく慶応8年8(1604)頃のことで、これに
  より、神田・日本橋・京橋・新橋と続く通町通り筋が形成されていき、江 
  戸城下の中心となっていきました。

*日本橋を起点に、東海道・中山道などの街道に一里塚が築かれたのは、慶長
  9年2月。
 *日本橋は、ひときわ高い太鼓橋で、橋には擬宝珠があり、擬宝珠が許される
  のは、幕府が管理する公儀橋だけで、江戸城に入る橋以外の町方の橋では、
  日本橋・京橋・新橋だけでした。

*橋の上からは、江戸城が見え、その背後に富士山が見えた。江戸城の天守閣
  は明歴の大火で焼けおち、再建されなかったから、それ以降は石垣と隅櫓
  しか見えなかった。しかし、それを差し引いても絶景であって、人気絵師
  が競って浮世絵に描きました。


日本橋の道路元標

  

日本橋は道路の始点となる「日本橋道路元標」が埋め込まれています。

しかも、橋柱に銘板「日本橋」の揮毫は、今NHK大河ドラマ「西郷どん」にでている徳川慶喜によるものです。

ページの先頭へ戻る